光学シミュレーション LM
LMパッケージは光学解析の基礎となる光線追跡、測光解析を中心としたエンジニア向け基本パッケージです。
このパッケージを使用することで、迷光やゴースト、輝度ムラなどの開発課題を試作品を作成するより早く、正確にシミュレーションすることが可能となります。また、現在の設計形状の光学性能をシミュレートするだけでなく、照度や輝度の最適化、またそれらの解析結果から最適形状を探り当てる機能も存在します。
対象となる製品は多岐にわたり、液晶バックライト、自動車用ランプ、メーター、エアコンパネル、オーディオ、産業用光学センサー、グレーフィルム等を生産する際に使用する乾燥用照明、アミューズメント向け照明等、光を取り扱う製品のすべてが対象といえます。


LM1 (3D光線追跡)
LM1はサーフェス、マテリアル、光源の情報に基づいて、CAD上に光線の軌跡を正確に描画するパッケージです。 光線の描画に時間はかかりません。CADモデルの現在の形状に対して光の振る舞いを視覚的に確認することができるため、機構設計と照明・光学設計の同時検討が可能となります。


● 特徴

ジオメトリ
●CAD完全統合
マテリアル
●光学材料
●拡散材料
●ガウス散乱
●ランバート散乱
●CosN乗散乱
●Mie散乱
●種類の異なる散乱のミックス
● 蛍光材料(オプション)
●色つき材料
サーフェース
●光学研磨面
●反射率、透過率、吸収率
●表面拡散(ガウシアン、ランバーシアン)
●BSDF,BRDF,BTDF
●コーティング
●レンダリング
光源
●インタラクティブ光源
●ライブラリ(LED、自動車用ランプ、CCFL)
●点光源
●面光源
●体積型光源
●スペクトル分布
●面内分布
●配光分布
(IES、Eulumdat、OPTISIntensityデータの読み込み)
●測定データの読み込み(OMS4)
●可視領域、不可視領域(紫外、赤外)
解析結果表示
●3Dレイトレーシング
●光線の視覚的確認
●インパクト表示
● メリット/効果

機構設計と照明/光学設計を同時かつ視覚的に実施できるので、開発リードタイムの圧縮、工数の削減が可能です。
LM2(測光解析)
LM2はLM1に加えて一意の位置、範囲において測光量及び放射量の定量的な値を取得するためのパッケージです。
シミュレーションには、LM1同様、サーフェス、マテリアル、光源などの光学的情報がすべて含まれています。国際基準やユーザー設定の基準で、輝度値などの測光量の評価が可能になります。可視光線以外の不可視光線である、紫外、赤外領域にも対応が可能です。


● 特徴 LM1の全機能を含みます。

光線追跡の光線本数
●上限なし
受光面設定
●照度受光面
●輝度受光面
●光度受光面
●3D受光面
解析結果項目
●測光量/放射量
●照度
●輝度
●光度
●光束
解析結果表示
●最大値、最小値、平均値
●コントラスト
●コンター図
●3Dコンター図
●断面グラフ
●バーチャルライティングコントローラ
● メリット/効果

機械設計と光学設計を同時に実施でき、尚且つ定量的な結果を得ることで、開発リードタイムの圧縮、工数の削減が実現できます。
オプション製品
LXP(ライトエキスパート)
LXPは受光面の特定領域に到達している光線が、問題個所からどのような経路をたどるか、視覚的に確認することができるパッケージです。設計者が照明システムの問題部を発見し、それを解決する方法を検討する為に有効なツールで、試作品ベース開発プロセスでは実現できない、バーチャル開発プロセスを実現して頂けます


● 特徴

●逆光線追跡
●指定表面の光線追跡に与える寄与度
●迷光光線追跡
●光線追跡の表面フィルタリング
top
● メリット/効果

照明システムの問題部分をいち早く発見し、即座に問題を解決することができます。
COL(カラリメトリ)
COLは、CIE(国際照明委員会)で標準とする色度の定量評価が行えるパッケージです。
指定したエリアやポイントの、XYZ、xyY、u'v'Y CIE 1960 UCS、u'v'Y CIE 1976 UCS などの色度図や分光分布の情報を得ることが出来ます。


● 特徴

●色度図
CIE1931
XYZ
xyY
u'v'Y CIE 1960 UCS
u'v'Y CIE 1976 UCS など
Lab
Lch
色差
色温度
平均演色性
レギュレーション
●分光分布
分光分布表示
波長分割表示
波長切替
●トゥルーカラー表示
● メリット/効果

色の定量評価を行うことにより、デザイナーの意図した色になっているか確認できます。また、設計と開発で色情報の共有ができ、色に対する開発のリードタイムを軽減できます。
OPTIM1(シミュレーションウィザード)
OPTIM1はCADに装備されたマルチコンフィグレーション機能とSPEOSシミュレーションの接続とSPEOSが提供するAPIのユーザ使用を行うためのパッケージです。
マルチコンフィグレーション機能とSPEOSシミュレーションの接続により、ユーザーはシミュレーションの連続実行を行うことが可能となり、人手をかけず、夜間や土日も利用して解析を行え、結果的に解析にかける時間を短縮することができます。また、APIの活用によりOPTISソフトウェアを外部制御することが出来ます。


● 特徴

●マルチコンフィグレーションシミュレーション(連続実行)
●公差解析
●APIによるOPTISソフトウェアの外部制御
top
● メリット/効果

計算を連続実行することで、時間を有効利用でき、解析者の負担を軽減できます。また、多くのナレッジデータを蓄積頂けます。
OPTIM2(最適化)
OPTIM2は設計変数と目的関数を指定した最適化を実現するパッケージです。
この機能の利用によりユーザーは目的関数に即した最適なパラメータ値が予測でき、自動設計が可能となります。


OptisWorksR
SPEOS CAA V5 BasedR

● 特徴

●最適化エンジン
●勾配アルゴリズム
●遺伝的アルゴリズム
●目的関数設定
●変数(光学的/機械的)
●制約条件設定
● メリット/効果

設計段階で、目的関数に即した最適なパラメータ値を得ることができます。
3DTEXT(3Dテクスチャー)
3DTEXTは任意の形状をCADモデル上に仮想配置する為のパッケージです。
この機能を利用することで、ユーザーは細かな突起をもつ設計形状をCADデータで再現することなく、光学的な性能をシミュレートすることが可能となり、モデリング時間の大幅な短縮とCADデータ容量削減が可能となります。


完成ジオメトリー
完成ジオメトリー3D曲面
完成品

● 特徴

●パターン数
無制限(PCスペックによる)
●メモリ使用量
約150MB/100万パターン
●パターン読込時間
2秒/100万パターン
●パターン形状
CADで任意形状を作成後、テキスト出力
●パターン変形
除去
同じ材料を付加
異なる材料を付加、埋め込み、挿入、
任意の深さに埋め込み
●パターン配置
三軸独立拡大および縮小
●マッピング
規則的分布
任意分布 (自由曲面配置)
パターン回転
● メリット/効果

要件を満たすディスプレイなどの表示機器を効果的/効率的に設計できます。