ヒューマンビジョン VE
VEは開発初期段階でLMの解析結果をベースに、バーチャル上で見栄え評価を実施する事が出来るツールです。この機能により光学要件を満たしながら非常に質の高いレンダリングができ、光関連製品の見栄え評価をバーチャル承認する事が可能となります。静止画像だけでは無く動画表示も可能となり、開発初期段階で複数部署が集まり将来発生しうる課題を素早く発見することが出来ます。

VE1 (レンダリング)
一般的なCGとは異なる物理ベースの根拠ある輝度結果を得ることができ、製品の意匠性を向上できます。


● 特徴

●輝度解像度
無制限
●アルゴリズム
モンテカルロ
●設定
環境光(HDRI)
●解析結果表示
レンダリング、輝度値
top
● メリット/効果

物理ベースで根拠のある輝度結果を利用し、マーケティングツールとして利用いただけます。
VE2 (視覚的レンダリング)
世界で唯一、視覚的人間工学に基づき、実際に人の眼にどのような画像が見えているか物理ベースでシミュレーションできます。これにより、複数の部署で視認性などの情報を共有できます。

左のコントロールバーをスライドさせるとLED
光源のイルミネーション変化をご覧いただくこと
ができます。


● 特徴

●輝度解像度
無制限
●アルゴリズム
モンテカルロ
●設定
環境光(HDRI)、視力、年齢
●解析結果表示
グレア
順応性(明順応、暗順応)
視覚モード(明所視、暗所視、薄明視)
● メリット/効果

設計、開発の社内部署間、あるいはメーカーとサプライヤー間で、視認性などの情報を共有するコミュニケーションツールとして利用できます。また、その結果をナレッジとして蓄積できます。
top
VE3 (人間工学レンダリング)
気象および環境の情報を含めた空のスペクトル輝度を再現して、自然光を定義しその影響も含めたシミュレーションを行えます。これにより複数の部署で視認性などの情報を共有できます。

色指定を変更するとダッシュボード のイルミネーション変化をご覧いただくことができます。


● 特徴

●輝度解像度
無制限
●アルゴリズム
モンテカルロ
●設定
非モンテカルロ(デタミニスト、フォトンマップ)
環境光(HDRI)、視力、年齢
自然光(日時、方角、緯度/ 経度など)
ディスプレイ光源
CIE の標準光
●解析結果表示
グレア
順応性(明順応、暗順応)
視覚モード(明所視、暗所視、薄明視)
● メリット/効果

あらゆる環境光のもとで得られた視覚的人間工学シミュレーション結果は設計、開発の社内部署間、あるいはメーカーとサプライヤー間で、視認性などの情報を共有するコミュニケーションツールとして利用できます。
top
オプション製品
Legibility/Visibility tools(可読性/視認性ツール)
Legibility(可読性)では、文字と背景の輝度およびコントラスト、文字の大きさの情報を元に、実際にその文字が読めているかをシミュレーションできます。Visibility(視認性)では、車などのウインドウへ実際に見えている映り込み具合を定量的に判別することができます。


OptisWorksR
SPEOS CAA V5 BasedR
SPEOS for Pro/ENGINEERR

● 特徴

●設定
文字/映り込みの輝度
背景の輝度
文字サイズ
年齢
●解析結果表示
可読性
RVP(Relative Visual Performance)
コントラスト(CIE 145:2002 レギュレーション)
視認性
top
スカイモジュール
スカイモジュール(CIE準拠)はVE2向けのオプションでVE3には含まれています。自動車に照射される太陽によるフロントグラスへの映りこみ等の問題を消し込む事ができます。地域と時間を定義することで太陽光線を特定し照射できるので、試作車を輸出せずに確認出来たり、天候に惑わされる事無くシミュレーションが実行できます。