音響心理オプション

多くの指標に対応する音響心理分析モジュール

製品のブランド戦略実現のためには、作り込んだサウンドが人にどのような影響を与えるのかを評価し、サウンドのターゲット値を繰り返し検討することが重要です。音響心理オプションは様々な音響心理指標(ANSI、ISO規格)による評価量を計算する機能と指標評価の値にバラツキを与えつつ音圧レベルをそろえた心理テスト用音源ファイルを自動作成することにより、どの音が最も製品に適したサウンドか検討することができます。

機能

  • 心理音響指標の計算
    • 音の物理指標と心理指標の比較
    • 応用例:
      • 自動車の空力騒音や航空機騒音の心理的評価。
      • 自動車内の報知音や警告音の心理的影響評価。

指標の一部

分類 項目 説明 / 適応例
標準的なレベル 等価騒音レベル:Leq dB, dB(A), dB(B), dB(C) 全体的な音圧レベルの評価
ピーク値 最大瞬時音圧レベル:dB, dB(A), dB(B), dB(C) 音の時間変動に対する最大値評価
レベル対時間 音圧レベルの時間変動:dB, dB(A), dB(B), dB(C) 音の時間変動に対する評価
航空関連指標 会話妨害レベル:dB SIL3, dB SIL4, dB PSIL 航空機室内の騒音評価
定常ラウドネス ISO 532B, ANSI S3, 4-2007(sone, phon), シャープネス 定常音に対する音の大きさの知覚
衝撃音に対するラウドネス Boulletによるモデル:LMS(sone, phon) 衝撃音に対する音の大きさの知覚
定常音に対する指標 スペクトル重心, ラウドネス, シャープネス,
ラフネス, 変動強度
定常音に対する知覚
非定常音に対する指標 ラウドネスや最大ラウドネス, シャープネスの時間変動帯 非定常音に対する知覚
EPNL
(ヘリコプター/飛行機)
実効感覚騒音レベル 屋外における航空機騒音に対する知覚
トーナリティ 調音性(純音性):プロミネンス比, トーン/ノイズ比など 複雑な音における調性または
純音性の知覚

簡易立体音響オプション 3D Sounds Option

トランスオーラルシステムによる立体音響再生モジュール

「バイノーラル(binaural)録音された音源をヘッドフォンではなく、スピーカで再生したい。」
より自然な再生環境を使うことを考えたときに生じる欲求です。しかし、このタイプの音源をただスピーカで再生するだけでは音場は再現しません。これは左スピーカの音が右耳に入る(またはその逆)現象であるクロストークが発生し、元の音場とはまったく異なるように聴こえてしまうからです。
3D Sounds Optionではクロストークキャンセル技術を使用し、2chスピーカシステムでも音源の位置を特定したリアルなサウンド再生、音場再現が可能です。

自動抽出オプション Xtract Option

ノイズや衝撃音を自動的に抽出するモジュール

サウンド編集が常に同じ作業の繰り返しの場合、自動抽出オプションは作業短縮化に大きな効果を与える可能性があります。このオプション機能を使用すれば、ノイズ、純音、過渡成分を任意に抽出することができます。

機能

  • スペクトラムプロファイリングによるノイズ成分の抽出
  • 純音性成分抽出
  • 衝撃音(過渡)成分の抽出

次数解析オプション Orders Option

音の次数分析とそのサウンドデザイン簡易化

一般的な概念として、音を次数成分の和ととらえることができます。特に、エンジンやモーターのような回転系の産業機器、または楽器などはその成分が特徴的で、それをデザイン・編集することにより音色や音質を変えることができます。Orders Optionは次数成分の抽出・選択を容易にし、特定回転数や特定次数のサウンドデザインを可能にします。

機能

  • エンジンの回転速度を基にした成分分離
  • ドライビングシミュレーター(GeneCARS)のためのデータ作成
  • 次数成分の抽出前、後の音質検討が可能

速度ごとの次数成分を計算

エンジン音の抽出

  • オリジナル収録音

  • エンジン音

  • 風切り音とタイヤ音

ASIO_logo

GENESISの技術はASIOを使用しています。

ASIOはSteinberg Media Technologies GmbHの商標およびソフトウェアです。