感性品質評価ソリューション
バーチャル上で製造上の公差による影響を視覚化できるAESTHETICAは、あらゆる製造業において製品の感性品質を向上させるソリューションです。公差解析と高品質なレンダリング評価を組み合わせることで、デザイン・設計・パーシブドクオリティ・製造、関連部門間のコミュニケーションを改善し、開発工数、コスト、リスクを抑えるとともに製品品質の向上に貢献します。



レンダリングテクノロジー

AESTHETICAは製品の生産上のばらつきを視覚化します。従来の公差解析では判断ができなかった完成品の見栄えへ の影響を評価することが可能になります。HDRファイルやテクスチャをモデルに適用できます。車両エクステリアやインテリア部品間の不均一な隙間や段差による外観品質の影響を早期に評価することが可能です


ターゲット値との差分評価



バリエーション・アナリシス

詳細設計段階では、モンテカルロシミュレーションの結果から不具合部位への寄与率の高い寸法/公差/位置決めを特定し、対策を検討します。


周辺テールランプのちり評価


事前検証の精度向上

部品の弾性による変形を考慮したシミュレーションを実施することが可能です。また、実機の検査結果をインポートして解析結果の精度を向上することも可能です。


ターゲット値との差分評価

● 特徴

●製品組立時の公差の影響を評価
●意匠変形
●形状やサーフェスの歪み
●実環境での見栄え
● 採用実績

AESTHETICA は幅広い自動車メーカーにて採用されています。
例:Bentley, Porsche, Lotus, Aston Martin, AUDI,GM, FIAT, Nissan, VW, Renault, Chrysler