カタログ・事例・資料 ダウンロード
事例

SPEOSによるLiDARソリューション
SPEOS Optical Sensor Testでは、車載向けのソリッドステートLiDARシステムの最適な取り付け位置/角度、検出範囲、DepthMap、TOFのRAWデータ検証することが可能です。LiDARセンサ専用のUIを提供し、光学の専門家でなくとも、バーチャル上で容易にセンサの性能検証を実現します。
SPEOSによるカメラソリューション
SPEOS Optical Sensor Test を使用すると、カメラのイメージャで受光される画像を物理ベースでのオープンループ検証を行うことが可能です。従来は車体に試験的にカメラを取りつけてみないと判断出来なかった最適な取付位置/角度や、視野角、死角、昼間および夜間視認性等をシミュレーションすることができます。
ALMECO GROUP −照明産業の賢いバーチャルリアリティ体験−
アルミニウム製品の世界トップ企業であるALMECO社ではSPEOSを用いて設計から販売まで積極的にバーチャル技術を活用されています。
離陸時の航空機騒音に含まれる可聴音の効果を予測するための信号に基づいた指標
(英語)
地上で聞こえる離陸時の航空機の音は、一般的に翼通過周波数の笛吹音と低い基本周波数(電動丸鋸の騒音として表現される)を伴う一連のハーモニクスの2つの成分を取ります。これらの成分が同じラウドネスで聞こえるとき、それが不快さに影響を及ぼすことが知られていますが、本論文では調音性指標のうちのAuresのモデルとラフネスが電動丸鋸の騒音の影響を説明できることを示しています。離陸時の航空機の音に対して悪影響を予測する場合には、調音性のAuresのモデルを考慮すべきことが分かりました。
自動ノイズ除去および成分分離: 純音性成分、ノイズ過渡成分
音響解析・分析ソフトウェア「LEA」のモジュールの1つである「XTRACT module」(自動抽出オプション)のアルゴリズムについて述べています。
定常ノイズや,衝撃音のような過渡成分を除去するアルゴリズムの概略を説明します。
株式会社本田技術研究所 導入事例
株式会社本田技術研究所はOPTIS社の灯体リアルタイム・シミュレーションソフトウェア、VRXperienceを導入しました。VRXperienceは、バーチャル環境にて、車両灯具の配光品質や見栄えを検証するためのソフトウェアで、夜間の実走行テストに伴う様々なリスクを低減することができます。
Jaguar Land Rover社 導入事例
Jaguar Land Rover社のデザイン・開発プロセスが加速Jaguar Land Rover社はイギリスの自動車製造サイトにおいて、デザイン・開発プロセスを加速させるためにSPEOSソフトウェアを活用しています。
自動車業界のライティングシミュレーション事例
デジタル製品開発上でライティングシミュレーションは大変重要な役割を持ちます。より多くのバーチャル試作による検討を可能にし、デザイナーやエンジニアにとっての価値判断材料にもなります。SPEOSを使ったAUDI TTのテールランプ開発に関してAUDIのエンジニアがドイツPhotoronics誌へ発表した内容です。
チャイナアカデミースペーステクノロジー導入事例
人工衛星の設計最適化の為にチャイナアカデミースペーステクノロジーはOPTISのソフトを選択しました。光が常に最大限に人工衛星に当たるように各部形状を最適設計した導入事例です。